ムンプスワクチンの予防注射受付見合わせに関しまして

ムンプスワクチンは国内で2つの会社が製造販売しておりましたが、1社が出荷を見合わせており、2021年11月から国内出荷再開予定との連絡が入りました。現在、当院でムンプスワクチンの接種待ちの患者さんが約130名いらっしゃいますが、ムンプスワクチンが当院に入荷されるのは、日々少なくなっており、接種待ちの患者さんを順番に少しずつ接種を行っております。しかしながら、10月までは現在と同じような入荷状況が続くとのことで、当面の間(入荷量が従来と同じような状況になるまで)ワクチンの予約受付を見合わせていただくことといたしました。ご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。また、おたふくかぜは、牛久周辺では全く流行しておりません。耳下腺が腫れて来院される患者さんはまずまずいらっしゃいますが、抗体検査をしますとムンプスではありません。他のウイルスが原因となって耳下腺が腫れた患者さんです。耳下腺が腫れただけで、ムンプスと診断するのは無理があると思います。以上より、ムンプス(おたふくかぜは)は流行していませんので、ムンプスワクチンの接種が遅れましても、罹患する確率はとても低いと推測されます。以上、ご理解、ご了承のほどお願いいたします。