最近の動向と服装のお願い

最近の動向ですが、コロナウイルス感染症の患者さんは当院では診られていません。マイコプラズマ感染症の患者さんが少しいらっしゃいます。急性胃腸炎(多分ノロウイルスと思われます)の患者さんも少し診られます。それと溶連菌感染症の患者さんが1週間に1人から2人ぐらい診られます。上記以外では、熱の出ている患者さんがいらっしゃいますが、ほとんどの患者さんが軽症で、一人だけ川崎病で入院となりました。症状の重い病気の患者さんはとても少ないと思います。

喘息の患者さんですが、原因はよくわかりませんが、冬なのに、咳が出現している患者さんが目立ちます。休薬や減量していた患者さんは、咳が目立ってきましたら、すぐに元の喘息服薬量に必ず戻してください

ワクチンに関しましては、とても大事ですので、定期的に接種していただきたいと思います。子供(乳児)にとってコロナウイルスよりも死亡率の高い細菌やウイルスは地球上にたくさんいます。それらを予防するためのワクチンですので、定期的に接種していただきたいです。現時点で、日本においては、新型コロナウイルス感染症で子供さんが亡くなったケースは報告されていません。子供達にとっては、新型コロナウイルスは軽症の症例が多いと報告されています。

 

<<お願いとコロナウイルスに対する感染対策について>>

コロナウイルスによる感染対策のため、コロナウイルス感染症の患者さんが落ち着くまでは、熱ありと熱なしの患者さんを受付も診察も完全分離することとしました。そのため、熱のある患者さんは、隔離診察室の掃除に時間がかかるため、待ち時間が長くなる可能性がありますことをご了承ください。また、当院では、待合室と診察室の換気を常時行なっているため、暖房をつけても寒いです。誠に申し訳ございませんが、暖かい服装で来院していただきたく、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。